|Top  | Lesson |  Gallery  |Wedding | Profiie | Access | Application |   
<About Me>                               

 朝井耀子(ASAI YOKO)東京在住
  100の質問に答える

 出身       ・岐阜
            岐阜で生まれ名古屋で育ち東京に住んで30年
 最終学歴    ・椙山女学園大学 被服科 繊維について学ぶ
 好きな言葉   ・静は動を制す
 マイブーム    ・ダウントン アビー・ビッグバンセオリ・ラブリガール
 特技       ・アートフラワー
 趣味
       ・料理
         ・バレエ鑑賞

           ・音楽鑑賞
           ・園芸

 <お花の資格>
 ・草月流
 ・プリザーブド溶液資格
 ・飯田深雪アートフラワー師範
 ・日比谷アカデミーブライダルコース終了

 <コサージュ教室>
 ・2004年 
  東山(池尻大橋)にてマリーロゼのアトリエを設立
 ・2009年 
  表参道(北青山)にてコサージュ教室表参道開校

 ・2011年
  震災後思うところあって表参道教室を閉める

 ・2016年
  ロシアで出版された「薔薇」にイングリッシュローズが記載される
  現在:池尻大橋、東山教室にてコサージュ教室運営中






   <プリザーブドフラワー>Preserved flower


 ■2005年Preserved Memorie (花作家が贈る花・ポストカードブックシリーズ F)
 作品記載- 単行本 (2005/9) フラワーフォレスト発行

   


 ■2006年第4回 フロールエバー プリザーブドフラワーコンテス 【冬の部】で入選
 タイトル「冬のプレリュード」
 ■2007年第5回 フロールエバープリザーブドフラワーコンテスト  【文化の部】で入選 タイトル「古都の春」
    
  <飯田深雪アートフラワー>Fabric flower

■2010年東京深雪会 日本橋三越深雪アートフラワー展 
  ストックデビュー展参加
■2012年東京深雪会 日本橋高島屋深雪アートフラワー展 
 特展参加「ハッピーウエディングT」

■2013年4月東京深雪会 日本橋高島屋深雪アートフラワー展 
 特展参加「ハッピーウエディングU」

■2013年8月〜9月東京深雪スタジオ・深雪会主催 
 深雪アートフラワー展 
 日本橋三越展。ストックグループ参加
 「花の小径」
   

 
 

■2013年5月 初個展「布花・染め花・コサージュ展」
 於:南青山サロンドフルール
   
 
 
 
 
 
   <花と絵が好きな少女だった>

 花を見るとその美しさに魅せられる。小さな野の花も、花屋さんの華麗な花も
 子供の頃からお花が大好きだった。小学校の頃のお小遣いは殆どお花の
 苗と消えていた。家の花壇にはパンジィーやデージィ、桜草が満開でした。
 花屋の前を通ると、どれも欲しくて、我慢できなくて購入、それは今も同じ。
 自宅の庭に植えられなくて無断で小学校の池の周りにも植えてたのは、
 なんかもったいない事してたな〜・・・子供とは言え誰か止めろよ!!!

 絵を描くことも大好きでした 写生会では良く入選してましたから
 特別上手では無いがまあまあ上手でしたね〜って感じです
 油絵と日本画を習いに中日文化センターへ行ってました
 当然絵が好きな人達ばかりの集まりでしたから己の無力に落胆しまくった時期です
 それでも先生に進められて絵画展にも出展させて頂きました「ひまわり」と「ゆり」
 の絵が我ながら上出来と満足したんでここで卒業! この頃はダンスに力が入っていました
   < アートフラワーとの出会い >
 初めてコサージュを作ったのは友人の結婚式!20代後半
 淡いピンクのカトレアのコサージュでした。
 手芸材料を売ってるお店で、出来上がった部品を組み立てるだけの簡単なものでした。
 コサージュっていいな〜もっと色々作りたいな〜と漠然を思っていました。
 その手芸店では、店長のおじさんが時々講習会を開いていていたので欠かさずに
 参加していましたが、いつのまにか閉店でそれっきりになりました

 東京に来てから数年過ぎる頃に、深雪アートフラワーの教室と言うものが
 有ることを初めて知りました。あっこれぞ今まで求めてた世界ではないのか!!!
 実はこの頃、色々悩む事が沢山あって気持ちが大きく落ち込んでいました
 子育ても終盤にかかり段々手が離れて行く中で、この先の夢が無くただ生きてる事が
 たまらなく気持ちを不安にさ、精神的にまいっていました
 既にダンスするには無理があると自己判断すればダンス以外の趣味で人生を楽しく
 生き生きと過ごせる何かが欲しかったのです

 東中野にある深雪スタジオへ体験レッスンを受けに行きました。
 白い布を、特殊な染料でお花色に染めて、コテを当てて、段々お花の形になって行く過程
 に嬉しさ楽しさがありました。初めは月に2回で4種類のお花を教えて頂きました
 半年もすると24種のお花が出来上がっている訳です。四季折々のお花が我が家の
 リビングを飾る以上に、布花創りにどんどんのめりこんで行き、月2回ではもの足りず
 薔薇クラスや、蘭クラスも受講し月に7回も通っていました

 初めは、習得したら沢山作って販売しよう!なんて取らぬ狸の皮算用をしてニンマリしていました
 があにはからんや!制作時間に思わぬ時間がかかる壁に突き当たる訳です
 お花を作る過程に時めきながら、ゆっくり、楽しく作る事こそが布花の醍醐味です
 以後この楽しさを独り占めしないで沢山の皆様にも知って欲しいと思い教室を開きました
   < ダンスに燃えた頃 >
  おそらく一生踊り続けたい続けるであろうと思った青春時代・・・
  大学時代の夢はダンスの振付師だった・・・・・・遠い目
  踊る楽しさは踊らないと分からない!
  一緒に友とお稽古を始めても少し秀でてるといい気分!
  いい気分はどんどん自尊心を擽って膨らむ
  曲に合わせて体を動かす事は人間の嬉しい感情に繋がる
  
  実はバレエをはじめる前に日本舞踊を習っていました。
  5歳〜8歳まで・・・
  『お嬢さん筋がいいわね』と花柳○○先生は誉めた!
  人は誉められるとやる気が出てグイッと伸びる
  母はすっかり乗せられて
  私を御園座の舞台にも出させてくれた
  母が芸事に明るかったのでアートフラワーへの道はこれよりかなり遅くなる
  そして日舞はお金がかかる、半端で無い!
  個人の日舞の発表会はお金持ちで無いとできませ〜〜〜ん
 
 ハイ!ここでバレエに転向ね
  バレエは日舞と違い体中を激しく動かす。準備体操など無かったに日舞とは
  180度異なる動きが必要であった
  しかし私はこれがとても楽しかった!この上なく好きな稽古事になった
  やがてモダン、ジャズダンスにも興味を持ち熱く燃え萌ダンス一筋
  わき目も振らずまい進、埋没、迷いなど無く、彼氏も無く、お金も無く
  それでも人生の中で最高に輝いていた。充実してた。
 
  学生時代に学校に無かったモダンダンス部を設立!
  100人を越える後輩達と知り合えてこのまま人生突っ走り!と思ってた
  後輩の指導にも12年間 無償の奉仕活動!
  名古屋市民会館で年1回の発表会をし、ほぼ全曲を振り付けし
  ダンスが全ての青春時代でした。

 主な作品に「パンドラの箱」、「ソロモンの占い」、「鶴」
        「ゲット ハツピー」、「ウオーターメロウマン」、「コバルトスズメ」

 そんな充実してた日々も、やがて結婚、出産、育児と生活は変化し
 結婚4年目にして東京へお引越し。

 ジャズダンス教室の二校目を開いたばかりのこの次期に転勤なんて
 と残念でなりませんでした。
 
 <住めば都>
 東京は華やかで文化の塊!いろいろ観たい公演が一杯!嬉しいと思ったよ!が
 あにはからんや!いつでも観に行けると思うと、地方に居た時のような意欲は
 消えてしまうものなんですね〜。
 憧れのダンススタジオも沢山あって、初めはあちこちレッスンにお出かけしたが
 目的が無いのにただお稽古するだけってのは段々気力が失せてしまう。
 子供が幼稚園へ行ってる間だけのお稽古だからレッスンの後にお茶するとか無くて
 だから友達も出来ない 帰ると家事が待っている 張り合いの無い生活だ
 東京に来て凄いと思ったのはダンスのレベルが高い事
 ダンス人口が多い事 だけど 時間に制限が有るので私のやりたい事は何も出来なかった

 淋しい東京生活
 自分を良く知ってる友が居ない
 気軽に何でも話せる友はいずこ〜〜〜
 子供のお付き合いのあるお母様!学校のPTAのお母様!
 子供繋がりのお母様達はその時期が終わると縁も消えていく・・・・

 ましてダンスを一緒に踊たり、共通した話の出来る友が居ない
 そう云う友が近くに居ない生活の何てつまらないことか
 名古屋が恋しいと何度も思った

 名古屋育ちと言えど住んでいた中区新栄は便利な生活拠点でした
 それに比べて新天地の世田谷下馬は、不便なところで
 電車の最寄り駅や、スーパーも遠く
 しかも当時はトイレは汲み取り・ガスはプロパンえええぇ〜
 ここマジ東京? 全然都会じゃ無い!
 東京と名の付く田舎!信じられない位遅れてた!

 渋谷は大都会だろうと思いウキウキ出かけたが
 狭い歩道に溢れる人 人が多いのに道が狭い
 街並はお世辞にも」綺麗とは言えない
 群れる若者、大きな音響の流れる109
 たまんね〜 と思った30代

 居住地近くの三軒茶屋商店街の店は古くて息が詰まりそうだった
 古い家並み・・・狭い道の商店街これが都会だってーー嘘だろ!

 どんなに近くても 車 車 車社会の名古屋生活から
 歩け歩けの東京!
 その頃弟が近くに住んでいた 歩いて10分もかからない
 休みの日に弟夫婦が仲良く歩いて遊びに来る
 私はかなり驚いた 『歩いて来たの?』と何度も聞いた
 名古屋生活なら車で来る
 車が無ければタクシーで来る
 節約するならバスで来る
 が東京では歩く!これが基本だった

 住めば都とは良く言ったものだ
 狭い道も別にいい
 デパートが小さい!気にならない!!
 歩くなんて当たり前!健康にも宜しい。
 公演も展示会も行かないけど文化は盛ん
 何でも買える。雑誌に記載された店へも直ぐに行ける
 情報が間近にある
 生活スタイルは環境に順応して全て何とかなってしまうものです。
 一番宜しいのは言葉だ!名古屋弁は住んでいても頂けなかったが
 子供たちは歯切れの良い東京弁でナマリも無くて!ここが一番素敵っす

 <良く出かける街>
 行き付けの美容院があるので:下北沢
 お花の材料があるので:吉祥寺・四谷三丁目・蒲田・中野
 ぶらり外食するのは:中目黒・恵比寿
 服や靴などは:渋谷・恵比寿・自由が丘・たまに銀座
 教室があるので:表参道
 
 でもやっぱり静かな田舎に住みたいと思うこの頃です。
   < 女の職場 >

 女独りでも生きていける事!人生先の事は分らない
 イザ!と言う時にも自立出来て居るように!

 だからアナタは先生になりなさい!
 学生時代から母にマインドコントロールされて育った
 な〜〜〜〜んとなく教師になっていた。

 何とか教師にはなったものの先生の仕事も教壇以外の雑務が多く
 予定外の時間が束縛される。踊れない・・・・
 講師!そうだ!講師がいい!担当時間だけの私立の講師!
 うまくそんな職場があり、生徒は可愛いし、ダンス部も作れたし♪収入は激減だが気にならないーー;

 しかし講師もダンスも中途半端。親元から通うにはいいが自立してない!芽も出ないーー;
 ダンスの比率の大きい生活には満足だったが、この頃恋をして
 結婚・出産・育児・・・・ダンスがどんどん遠のいて行く
 もう何がしたい!ではなくて何が出来るか?目標進路変更規模縮小

 キリの無い家事は労働の割りに成果の出ないつまらない職場に似てる・・・
 毎日ほぼ同じ仕事をこなさなくていけない、唯一料理には面白味が有る
 料理の鉄人の本なんか買って真似て作る
 和食の粋な味!飾り!創意工夫が出来る食の芸術は楽しみがある
 ピザは皮から勿論トマトソースは自家製!
 洋食も凝った料理が好き
 パンも焼くしケーキも作る、そう作ると言う行為が好きだった

 子育ても楽しくて好き!自分の子供は兎に角かわいい!
 慈しみ過保護に育てた幼稚園・小学校!しかしここから母親離れは急速化する
 チェンジドラゴンに成るんだと言ってた5歳の可愛い息子は、アッ言う間に育つ
 普通に成人し!普通に恋をし結婚し新しい家庭を持つ

 あぁ〜そうだったな〜私も同じだった・・・
 子供はやがて手元から離れ、夫婦二人に戻る。
 若い時の二人と老年の二人では幸福感が随分違う
 寂しいものです。 ここでやっと気が付いた、かなり遅いけど、自分の親も
 さぞ寂しかっただろうと、しかしそんな事は一言もこぼさなかった親に頭が下がる


 主婦の仕事が職場ならプロ級になってみたい、なんてね(無理)
 家庭は明日への活力を生み出す憩いの場である事
 暖かい家庭に早く家に帰りたいと家族が思うように
 美味しいご飯が出来ていて、優しい母の笑顔が待つ家庭
 ・・・・そんな理想に向かってるつもりが・・・・
 やりたい事が一杯あって、家事はどんどん等閑になる

 家事と仕事を両立するとどれ程の事が出来るんだろうか?
 主婦のプロにはまず成れない!(成らなくても全然いいんだけど)
 お花の仕事も、今はプロのように24時間携われない・・・・
 昔講師とダンスを掛け持ちしてた多忙な頃とまた同じように
 何か中途半端な境遇になってしまった

 人生最後の目標はH29年にコサージュの本を出す事!
 大好きなお花を作る楽しさは、子供の頃からの花好きに繋がっている
 誰にでも家で出来るコサージュの本は、コテや染めが無くても出来る
 そんな作品を作って一冊の本にしたいと思っています。

 たとえ趣味であっても自己満足で終わらない事が、私のモットーです。
Top | Lesson | Gallery | Wedding | Profiie | Access | Application |  

TOP  教室案内 東山教室情報  申し込み